発達障害の子供たちにチャンスを創る!

2016-03-07

3月2日(水)に行われた横浜市会予算第一特別委員会の教育委員会関係審査に登壇しました。発達障害の子供たちにとって高校進学のチャンスが限定的になっているので、横浜市教育委員会として制度改善をはかるべきと訴えました。

 

横浜市立中学校は全部で145校あり、そのうち143校に個別支援級が設置されています。ここに在籍する生徒は1,723人。この子たちのほとんどが成績通知表の点数(評定)がついていません。

 

一方で神奈川県内の公立高校の入学者選抜では、成績(評定)のついた内申書が合否判断の大きな要素になっています。制度としては何らかの理由から成績(評定)のない生徒についても「資料のととのわない生徒」として入学試験など他の要素から合否を判断していることになっています。しかし、横浜市立高校だけみても定員総数2,325人に対して「資料のととのわない生徒」として合格したのは49名。

 

個別支援級に在籍する発達障害の子どもの中には、知的障害の「愛の手帳」を交付された子どももいれば、交付されていない子どももいます。教育委員会の説明によると、知的障害の特別支援学校高等部は基本的には愛の手帳を持った生徒を対象とするが、必ずしも手帳を持っていなければいけないというわけではないそうです。しかし、実態を調べてみると横浜市立の特別支援学校高等部に在籍する524人のうち手帳を持たないのは1名ということがわかりました。

 

手帳を持たない発達障害の生徒でも普通級に在籍し成績(評定)がつけば普通に高校入試を受けられます。個別級に在籍していても手帳を持っていれば特別支援学校高等部への道がひらけます。問題は、手帳を持たず個別級に在籍しているため成績(評定)がつかない生徒たちにとって高校進学の機会が限定的になっていると思われることです。

 

具体的な方策までは提案できませんでしたが、この子たちに高校進学のチャンスを創るために横浜市として制度改善を図るよう求めました。詳しくはインターネット録画をご覧ください。

http://gikaichukei.city.yokohama.lg.jp/?tpl=play_vod&inquiry_id=5110

 

横浜市会インターネット中継 鈴木太郎


横浜市会議員 戸塚区選出 鈴木太郎 facebook

横浜市会議員 鈴木太郎 facebookページ

横浜市会議員 鈴木太郎 Youtube

横浜市会議員 鈴木太郎政策研究所 facebookページ

戸塚区役所 横浜市 横浜市会 よこはま自民党 よこはま自民党 自民党
ソーシャルネットワーク
Copyright© 2010 横浜市会議員 鈴木太郎 公式Webサイト All Rights Reserved.