鈴木太郎のブログ

売ればいいってもんじゃない!旧戸塚区役所跡地などの課題解決型公募 

2015-09-02

鈴木太郎政務活動広報誌<興譲館Vol.39>平成27年9月発行より抜粋

戸塚駅西口の再開発が進み、その影響で横浜市は旧戸塚区役所跡地旧バスセンター跡地などを売却することにしました。私は横浜市としてはただ売却するだけでは無責任だろうと口を酸っぱくして言ってきました。そこで市は「課題解決型公募売却」という手法を採用して売却先を選定しました。これは簡単に言うと、まず民間業者からサウンディング調査を行い、どんな条件なら興味を示すか調べ、その上で改めて市としてこの地域の課題を解決するような事業提案を求めます。出された提案を専門家による審査委員会で審査し売却先の事業者を決定するというプロセスです。

旧戸塚区役所跡地

具体的にどのような地域課題が設けられたかというと、旧戸塚区役所跡地については、「区役所移転後の地域のにぎわいや少子高齢化への対応」、旧戸塚バスセンター跡地については、「若者や子育て世代を呼び込む機能の設置」という課題が設定されました。

旧戸塚バスセンター跡地

幾つかの事業グループが名乗りを上げて条例に基づく審査委員会が非公開の審議で上記の課題を解決するのに最も相応しい事業ブループを選定しました。

さあ、これから着工ということになりますが、ちょっと変です。課題解決型と言っているのに、このままでは当初設定された課題が解決されるかどうかは関係なくなってしまいます。そんなことになったら期待していた周辺住民に迷惑な話です。

課題解決型と言うなら実際に事業を進めて当初設定された課題が本当に解決に近づいているのかどうかを事後検証しなければなりません。私がその必要性をしつこく訴えてきた結果、先日の審査委員会で検証作業をしていくことが発表されました。地元にとっては、事業者が決まってこれからどうなるかが大切なのです。地元の議員としてこのことは声を大にして言っていきます。 

当選証書受領

2015-04-15

IMG_6530

鈴木太郎の妻です。

本日、夫が当選証書を頂いてきました。これからの4年間、誰の前にも「チャンスを創る政治」の実現に向けて頑張ってほしいと私も思います。

公職選挙法が厳しくなる中、今回は本当にたくさんのボランティアの方々に支えられました。

公営掲示板にポスターを貼ってくれた方々

弁士型ポスターを剥がして、政党ポスターに変えてくれた方々

宣伝カーを運転してくれた方々

宣伝カーのドライバーのナビをしてくれた方々

電話作戦をしてくれた方々

会合情報をくださった方々

事務所内の接待をしてくれた方々

事務所内の掃除をこまめにしてくれた方々

選挙ハガキを書いてくれた方々

お知り合いに鈴木太郎を紹介してくれた方々

個人演説会の開催にご尽力頂いた方々

駅頭街頭でのビラ配りをお手伝い頂いた方々

チャンスを巡るお遍路88箇所巡りにご一緒してくれた方々

本業の仕事や家事などを一旦横に置いて、鈴木太郎の力になってくれました。何度も申し上げますが、ボランティアで! インターン生達も新学期で慌ただしい中、よく頑張ってくれました。

マイク納めの時、本人が申しておりましたが、大臣クラスの応援演説も無く、大きな団体の支援もない今回の選挙でした。それでも「鈴木太郎をなんとかしよう!」という思いで集まってくれた方々が最後には最高のチームとなりました。心が繋がっている感たっぷりの今回の選挙戦、私もストレスが少なく思い出深いものとなりました。事務所スタッフが作ってくれた、お遍路88箇所目のボードには涙ものでした。

このように直接支えてくださる方の陰には、本来その方がやるべき仕事や家事を代わりにやってくれている方がいらっしゃるかと思います。その方々に直接御礼を伝えるのは難しいですが、その方々にも感謝の気持ちがあることをこの場でお伝え出来たらと思います。私事ではありますが、我が家の子ども達も、実家と妹家族に支えられてきました。選挙期間中に息子は18歳に、娘は中学の入学式があったりで、親が知らない間にぐっと大人になっていました。

鈴木太郎と20代前半で知り合って結婚し

*三菱銀行員時代

*外資系銀行員時代

*父・鈴木一誠の秘書時代

*米国大学院生時代

*米国勤務時代

*初当選〜3期目

いろいろな時代をずっと横で見てきました。その中で、今回4期目の選挙期間が、一番充実がしているように見えました。身体は疲れていても、心は満たされているという感じでしょうか? おそらく「思い」や「共感」で支えてくれる方々が、いっぱい集まってくれたからだろうと思います。

本当は、その方々にお礼を丁寧に申し上げなくてはなりませんが、お礼を十分に伝えるのが苦手というのも、20年の結婚生活の中で私は良く知っています。演説では自分の考える政策は熱く語っても、なかなか気持ちやメンタル部分を前に出す事が少ない人なのです。

でも、「何かを形にする」「実績を残す」部分に関しては凄いな〜と思うことは多々あります。今回の選挙で、

「太郎さんに頼んでいたことを、すぐにやってくれて助かった」

「太郎さんがこうしてくれた」

「太郎くんの政策いいね〜。」

と言われることが多かったのです。

夫婦喧嘩をした翌日は、言葉は少ないけれど、洗濯物を外に干してくれたり、静か〜に掃除機をかけていたりしています。言葉が欲しいと思う時も多々ありますが、おそらくそれが彼なりの形なのだと思います。彼のもつエネルギーは、後ろを顧みることより、前進する力に注いでいるでしょう。

なので、今後4期目の横浜市会議員として仕事をしていく中で、感謝の気持ちを伝えたり、物事の過程を説明したり、というのは十分でないかもしれません。でもおそらく最後には「形」「実績」として返ってくることかと思います。

それには、引き続き皆さんのお力が必要ですので、今後も鈴木太郎のご支援をよろしくお願いします。難しいこと、大変なことは鈴木太郎に任せて、私は皆さんとおしゃべりして、楽しいひと時を過ごせたらと思います。末永くよろしくお願いします。

DSC00162

 鈴木清美

年度末は人事異動の季節

2015-03-30

3月29日、30日の神奈川新聞には、横浜市役所の人事異動が発令されたと報道されています。毎年、この時期には多くの職員が新天地へと移っていきます。それぞれ新しい職場で存分に活躍していただきたいと思います。

12年間も市会議員を務めていますと、この間に縁のあった職員が昇進されて市役所の中でも重責を担うようになります。僕にとっても、それはそれは感慨深いものです。新年度から新たに局長、区長に就任される方々の中にも、そういう思い出のある方がいらっしゃいます。

新たに磯子区長に就任される小林正幸さんとは道路局企画課長の時に戸塚区内の案件をいっしょに取り組みました。上品濃公園を利用する少年野球団体が子供たちを送迎する際に自動車駐車場に難儀していたので、近隣の都市計画道路予定地を活用して公園を利用する団体向けに暫定的な駐車場として利用することを小林氏に提案したところ、様々な調整を経て利用可能となりました。

こども青少年局長に就任する田中博章さんは、戸塚区役所こども家庭支援課長の際に待機児童対策に取り組みました。まだまだ待機児童が多い時代でしたので、入所希望者が必死に入所を望んでいる姿を見て、できるだけ応募の状況や審査の基準など入所決定までのプロセスをわかりやすく伝えられるよう取り組みました。その後、田中氏が子育て支援部長として子ども子育て支援新制度導入作業を進める過程でそれぞれの事業所がどの制度に進んでいくのかを市として広報してくべきという僕の提案にも積極的に取り組んでいただきました。

新設される医療局長に就任する城博俊さんは、今は無き衛生局の担当課長として直営の港湾病院から指定管理者制度によるみなと赤十字病院への移行を進めていました。僕は1期目で所管の常任委員会に所属し喧々諤々の議論に参戦していました。横浜市会議員として初期の段階でこのような激しい議論の矢面に立ち、議会と行政のやり取りや立ち位置の取り方を学べたのは幸運だったと思います。

同じく新設される国際局長に就任する関山誠さんとは、水道局総務課長の時に所管の常任委員会のメンバーとしてお世話になりました。公営企業会計を担う水道局にあって経営改善とお客様サービスの向上策を進める過程で、民間の発想で意見を言う僕と現場の担当者との間をうまく取り持ってくれました。

同じく総務課長時代に常任委員会のメンバーとしてお世話になったのが消防局長に就任する久保田真人さんです。「現場が長かったので、ご迷惑おかけします」とおっしゃっていましたが、いつも一生懸命、真摯に議会と向き合う姿勢に横浜市消防職員の心意気を感じました。当時は、前市長の時代で消防局の名称が無くなり安全管理局という名称が使われ、外部から危機管理監が登用され、その危機管理監が安全管理局長を務めるという体制でした。消防の組織はそれぞれの自治体に設置されていますが、その根本は消防組織法に定められており、消防長を筆頭に消防本部を置くとされています。これに対して当時の横浜消防の組織がどのように適応するのか随分しつこく議論をしたことを覚えています。

僕のような議員は、自らが必要と思う政策を訴えますが、それを実現していくには、もちろん制度として作り上げることが第一ですが、作り上げた制度を運用するのは市役所職員の皆様です。彼らと議論し、理解し、納得してもらわないと、いくら政策の中身が良くても現実には上手くいきません。どうやら僕は市職員の方々からは、うるさいことを言うと恐れられているようです。僕は、ただうるさいことを言うのではなく、その議論の末に職員の方々とも信頼関係を築いていきたいと考えています。そして、その結果として横浜市民の誰の前にもチャンスを創っていきたいのです。

« 次へ 前へ »

横浜市会インターネット中継 鈴木太郎


横浜市会議員 戸塚区選出 鈴木太郎 facebook

横浜市会議員 鈴木太郎 facebookページ

横浜市会議員 鈴木太郎 Youtube

横浜市会議員 鈴木太郎政策研究所 facebookページ

戸塚区役所 横浜市 横浜市会 よこはま自民党 よこはま自民党 自民党
ソーシャルネットワーク
Copyright© 2010 横浜市会議員 鈴木太郎 公式Webサイト All Rights Reserved.