鈴木太郎のブログ

戸塚区の危険な崖地はココだ!〈インターン・レポート〉

2017-09-07

※本投稿は2017年8~9月期の学生インターンによるレポートです。

 

平成26年に緑区で大規模な土砂災害が発生した教訓を受けて、横浜市では土砂災害警戒情報の発表とともに避難勧告を発令する対象区域として戸塚区内で3か所指定されていました。ただその後27年に再調査が行われて、戸塚区では新たに8か所、即時勧告対象地域に指定されました。即時勧告対象地域とは、土砂災害警戒情報の発表とともに避難勧告を発令する地域のことを指します。そこで、私たちインターン生は実際どのような地域が勧告対象とされているかを確認するため、戸塚区の危機管理担当の方と一緒にこれら8か所と元から指定されていた3か所の地域の視察に行ってきました。

地図1

 

①平戸3丁目の一部です。この場所は、保土ヶ谷区との境にあり,対象は、1軒だけでした。一見すると大した崖ではないので、この場所が対象地域になるのかなと思いましたが、この場所は、支えているブロックがもうボロボロなので、崩れやすい状態になっているとのことでした。崖自体は、大きくはないので簡単に整備することができそうだと考えていましたが、個人が所有している土地なので、土地の整備を所有者個人に押し付けていいのか、行政がどれほど援助できるのか等問題があるそうです。

 

平戸三丁目

 

②上柏尾町の一部です。対象地域は、4軒になります。横浜柏尾郵便局の近くの崖になります。この場所は、範囲は広いですが、竹が多く生えている場所なので根がしっかり張っていてなかなか崩れにくいのかと思っていました。ただ、竹自体、根が横に張っていて更に土壌に水分を多く含むので、土砂崩れには非常に弱いそうです。

 

上柏尾

 

③柏尾町の一部です。対象地域には、新築の集合住宅を含めて3軒入っていました。不動坂の交差点を小道に入っていった住宅地の中にあります。ここは、見た目で、すぐにわかるように土地が突き出しているので、木で土地を支えているだけなのでかなりもろく崩れやすいように思えました。

 

柏尾

 

次は、舞岡町の一部です。舞岡町は、2か所即時避難勧告対象地域に指定されています。④は、舞岡地区センターの近くにありました。危険とされている崖は、源流の森に指定されている場所です。対象は、3軒でした。源流の森とは、土地所有者の方にご協力いただいて樹林地の保存を図っている森のことを指すようです。この土地は、確かに自然が豊富でしたが土地が大きくえぐられている部分があったのでそこが崩れやすくなっているのだなと感じました。

 

舞岡(地区センター)

 

⑤は、舞岡駅を舞岡公園のほうに進んでいく途中にあります。対象は、1軒です。ここは、過去にも崩れたこともあり土地にその後がまだ残っていました。ここは、市有地なので土地の整備に早めに取り掛かっているそうです。

 

舞岡公園

 

⑥上矢部町の一部です。対象は、3軒になり、上矢部坂本公園の近くにありました。ここは、崖地の範囲が広い割には世帯数が少ないなという印象を受けました。近くには、公園や高校もあるので子供たちのためにも被害を最小限に収めることが望まれると思います。

 

上矢部

 

⑦上倉田町の一部になります。ここは、上矢部町よりも範囲が広大で、新しく指定された地域の中だと一番の広さを持っています。対象は、3軒ですが、小野ファームさんが近くにありました。ここで土砂崩れが起こると小野ファームさんの牛舎にも被害が及んでしまう可能性があるので、被害を最小限に食い止める必要があると感じました。

 

上倉田

 

⑧下倉田町の一部です。下倉田町の交差点を入っていったところにあります。対象は、集合住宅を含めて2軒です。ここは、規模自体は小さなものでしたが、崖の上の土地がかなり傾いていて支えているブロックも崩れかけていてかなり危険なように感じました。ここは、上の歪んでいる土地も整備しなくてはならないので、完全な整備に至るにはまだまだ時間がかかるようです。

 

下倉田(新)

 

以上が新しく指定された8か所になります。続いて、元から指定されていた3か所を見てきました。

 

地図2

 

①下倉田町の一部です。サミットの近くの住宅地にあります。ここは、最近にも崖崩れが起きており今でもまだ傷跡がはっきりと見えました。前に崩れた時は、崖地のそばの新築の戸建てに土砂が流れ込んでしまったそうです。元から指定されていた3か所は、全て範囲が広いですがさらにこの地域は、対象の世帯数が70から80世帯と大変多くの世帯が指定されています。過去にも崩れているので早急に整備が必要になると感じました。

 

下倉田(元)

 

次は、小雀町の2か所です。②金井町との境目付近ににありました。対象は、2軒でした。ここの崖は、かなり土地がえぐられていました。また、新しい戸建てが多くあるので対策をしてせっかくの新築の戸建てが土砂崩れの被害にあわなければよいなと思いました。

 

小雀

 

次は、③ローソン田谷店の付近にあります。対象は、3軒でした。ここの崖は、かなり土地がえぐられていました。また、近くに新しい戸建てが多くあるので対策をしてせっかくの新築の戸建てが土砂崩れの被害にあわなければよいなと思いました。家を建てるのにも自分の地域で災害が起こりやすいかどうか、起こった時にしっかりとした対策ができるかどうかを確かめてから決めるべきだなと感じました。

 

田谷

 

これら全11か所の崖地を見て戸塚区には、土砂災害に注意しなくてはならない地域が多いように感じました。横浜市の中でも金沢区、南区に続いて3番目に即時勧告避難対象地域が多いそうです。また、ただの森だと思っていたところが意外にも土砂災害が起こる崖であったので、認識が難しいと感じました。今の時期は、木が生い茂っていますが、季節が過ぎて秋になるにつれて意外に傾斜があるというのがわかると思います。また、災害が起きた時に区役所職員の方々は、避難所の開放と呼びかけを行うというお話をしてもらいました。ただ、それ以前にも危険と感じたら自主避難をしていただくのが良いと仰っていました。また整備するためにはかなりの金額が発生してしまうし、指定されている地域のほとんどが私有地なので区としても簡単に整備を行うことができないというのが現状だそうです。なので、まずは避難がしっかりできるように情報がうまく伝わるのが一番だと思います。今回の視察は、直に危ないところを視察することでしかわからないことがわかったりしてとても勉強になりました。また、整備をするのにも複雑な問題が絡み合っているということもわかりました。今後もこのように直接現場を見て体感するということを大切にしていきたいです。

(インターン生 植木隼太朗 飯田有紀)

ヨコハマトリエンナーレ2017の魅力〈インターン・レポート〉

2017-09-04

※本投稿は2017年8~9月期の学生インターンによるレポートです。
ogp2017

私たちインターン生は機会をいただき、ヨコハマトリエンナーレという芸術祭の視察に行かせていただきました。この芸術祭は8月4日から11月5日の期間で横浜美術館・赤レンガ倉庫1号館・横浜開港記念館地下を会場として開催されています。「トリエンナーレ」とは3年に1度という意味で、ヨコハマトリエンナーレは2001年から3年ごとに開催され、今年6回目の開催となる日本最大級の地域芸術祭です。今回の展覧会テーマは「島と星座とガラパゴス」。世界の孤立性・接続性をメインテーマに取り上げてます。芸術祭や美術展というと「堅苦しい。面白くなさそう。難しそう。わざわざ行くこともない。」と感じるのが普通だと思います。わたし自身も横浜市民であるにも関わらずヨコハマトリエンナーレの存在を今まで知らず、また美術展などに興味がありませんでした。今回視察という形で行ったのですが終わって思ったことは、意外にもわかりやすく、楽しい作品が多い!です。芸術が全くわからなくてもとても楽しめました。理由としていくつか挙げると、

 

①世界中から集まった多彩なアーティスト38組の作品を複数展示。

世界的に有名で若者にも人気なアジア系のアーティストが多いです。若者に人気ということは、今の若者にも理解しやすい作品だということなのでは?例えば、

 

<ごめんなさいの MY apologies> Mr.ミスターの作品。

slide03_pc

アニメやゲームキャラクター風のタッチで描かれる少女像など、日本の若者が好きそうなものが作品として出展されています。らくがきのような絵でも作品となり「芸術」となるということに気付かせてくれます。このように若い人やそれに限らずどの世代の方でも楽しめる作品が多いです。

 

②難しい現代美術をわかりやすく理解するために、作家や作品の情報を盛り込んだ無料のガイドブック、スマートフォンアプリによる音声ガイド(日英2か国語)ただ作品を眺めるだけでは面白くないのでこの2つを活用するとさらに楽しめます!

 

③会場間無料バスの運行。

バスマップ

引用:http://www.yokohamatriennale.jp/2017/ticket/#bus

 

わたしたちも利用しましたが、チケットを見せるだけで無料で乗れます。会場間が割と離れているので利用することをおススメします。横浜の有名な観光地(ランドマークタワー・コスモワールド・カップヌードルミュージアム)も通るので気分が高まります。

 

④横浜赤レンガ倉庫にてヨコハマトリエンナーレの公式グッズ、市内のクリエーターが制作したグッズの販売。お菓子やアクセサリー、さらには日常品まであります。今回のタイトルである「島と星座とガラパゴス」に合わせたかわいいグッズが売っています。例えば、この写真にもあるような亀の金平糖。

20170804182053

 

全ての作品の撮影が許可されています!そのため気に入った作品を自分のカメラに残すことができます。作品の撮影が許可されている美術展は珍しく、これもヨコハマトリエンナーレならではの魅力の1つだと思います。

 

どの作品もアーティストの手のかかったものばかりで面白かったです。その中でも特に印象に残った作品を紹介します。

①「安全な通行」 アイ・ウェイウェイ作

IMG_1015

難民問題に関連し、救命ボートと難民によって実際に使われた救命胴衣が美術館正面に飾ってあります。2008年北京オリンピックのメイン会場「鳥の巣」をデザインしたアイ・ウェイウェイの作品。

救命胴衣には実際の汚れがついていて難民が川を渡ろうとしたその過酷さが感じられます。

 

②<善と悪の境界はひどく縮れている> ジョコ・アヴィアント作

IMG_1020

インドネシアから船で輸入してきた2000本の竹を独自の手法で編み上げた作品。作者はこの作品を通して、自国で失われつつある伝統文化、人間と自然の共生について考察をかさねています。美術館に入り最初に迎えてくれます。その大きさと丁寧に編み込まれた竹に圧倒されました。

 

③<重量級の歴史> クリスチャン・ヤンコフスキー作

photo04

身体と公共彫刻の関係性について言及する3部作のひとつ。

重量挙げのポーランド代表チームの現役選手が、ワルシャワ市内の歴史的人物の彫像を持ち上げようとするという映像作品。

 

最後に、ヨコハマトリエンナーレ2017はどの世代の人も、美術や芸術にあまり興味がない人も楽しめます。私たちインターン生もとても楽しむことができ、また、難民などの社会問題についても触れることで学ぶことも多かったです。会場となっている場所は、みなとみらいや元町中華街に近いので観光のついでにヨコハマトリエンナーレに寄ってみてはいかがでしょうか。ヨコハマトリエンナーレは行って後悔しない素晴らしい芸術祭です!是非訪れてみてください。

(インターン生 植木隼太朗 飯田有紀)

発達障害の子供たちにチャンスを創る!

2016-03-07

3月2日(水)に行われた横浜市会予算第一特別委員会の教育委員会関係審査に登壇しました。発達障害の子供たちにとって高校進学のチャンスが限定的になっているので、横浜市教育委員会として制度改善をはかるべきと訴えました。

 

横浜市立中学校は全部で145校あり、そのうち143校に個別支援級が設置されています。ここに在籍する生徒は1,723人。この子たちのほとんどが成績通知表の点数(評定)がついていません。

 

一方で神奈川県内の公立高校の入学者選抜では、成績(評定)のついた内申書が合否判断の大きな要素になっています。制度としては何らかの理由から成績(評定)のない生徒についても「資料のととのわない生徒」として入学試験など他の要素から合否を判断していることになっています。しかし、横浜市立高校だけみても定員総数2,325人に対して「資料のととのわない生徒」として合格したのは49名。

 

個別支援級に在籍する発達障害の子どもの中には、知的障害の「愛の手帳」を交付された子どももいれば、交付されていない子どももいます。教育委員会の説明によると、知的障害の特別支援学校高等部は基本的には愛の手帳を持った生徒を対象とするが、必ずしも手帳を持っていなければいけないというわけではないそうです。しかし、実態を調べてみると横浜市立の特別支援学校高等部に在籍する524人のうち手帳を持たないのは1名ということがわかりました。

 

手帳を持たない発達障害の生徒でも普通級に在籍し成績(評定)がつけば普通に高校入試を受けられます。個別級に在籍していても手帳を持っていれば特別支援学校高等部への道がひらけます。問題は、手帳を持たず個別級に在籍しているため成績(評定)がつかない生徒たちにとって高校進学の機会が限定的になっていると思われることです。

 

具体的な方策までは提案できませんでしたが、この子たちに高校進学のチャンスを創るために横浜市として制度改善を図るよう求めました。詳しくはインターネット録画をご覧ください。

http://gikaichukei.city.yokohama.lg.jp/?tpl=play_vod&inquiry_id=5110

 

« 次へ

横浜市会インターネット中継 鈴木太郎


横浜市会議員 戸塚区選出 鈴木太郎 facebook

横浜市会議員 鈴木太郎 facebookページ

横浜市会議員 鈴木太郎 Youtube

横浜市会議員 鈴木太郎政策研究所 facebookページ

戸塚区役所 横浜市 横浜市会 よこはま自民党 よこはま自民党 自民党
ソーシャルネットワーク
Copyright© 2010 横浜市会議員 鈴木太郎 公式Webサイト All Rights Reserved.